今日は、美容家暦約20年
代替医療にたずさわって10年の私が

 

女性には絶対に「やってほしい夏の習慣5個」の
2番目をお伝えしたいと思います。

 

前回の続き

「やってほしい夏の習慣5個」の二つ目を

今日はご紹介します。

 

・‥…━━━━━━━━━━

② 朝いっぱいのお白湯

・‥…━━━━━━━━━━

まずはいつも同じ時間に起きるところから
始めますね↓↓詳細はこちら

 

前回
やってほしい夏の習慣 1つ目 早寝早起き

 

朝起きたら
まずは一杯のお白湯をとりましょう。

 

お湯は浄水をチョイス。
やかんか、お鍋を使います。

 

沸騰したら蓋を取って15分くらいぽこぽこさせます。

空気と火のエネルギーが溶け込みます。

お白湯は火を使って作るのがベスト。

 

50度くらい(人肌より少し熱め)に冷まして
ゆっくり噛むようにちびちびいただきます。

 

五臓六腑にじんわり温かさがしみしみ〜と
行き渡るのを感じてください。

 

暑い夏ですが
屋内はクーラーがキンキンに冷えているところが多々。

 

この記事を書いているカフェも結構冷えていて
外で汗ばんだ体が冷えていくのがわかります。

 

一枚羽織るものと、スカーフは必須ですね。
(首元、デコルテは冷やさないように)

 

そう、夏だからこその『温活』です。

 

夏の冷えは年齢を重ねるごとに
体に地味に溜まっていきます。

 

疲れやすい、体が重い

肌のくすみ、便秘、頭痛なども

内臓の冷えが関係していることが多々あります。

 

冷えの蓄積
放っておかないようにいたしましょう。

 

<たまにはアレンジ白湯も>

お白湯とミント

お白湯と生姜

お白湯とうめぼし

 

━…━…━…━…━…━…

お白湯は魔法の飲み物

━…━…━…━…━…━…

お白湯の効果はすでに体験済みの方も多いでしょうし
検索すればもっと詳しいことがたくさん書かれています。

 

今更ここで?とちょっと思いましたが

 

やっぱり基本は大切にしたい。

 

肉体という基盤の大切な働きを応援するには
『温活』を生活に当たり前のように
取り入れてほしいです。

 

朝のお白湯がしみる体験をしてください。