みなさま こんにちは。

 

ご愛読ありがとうございます。

リビングビューティーライフ研究家の
盛 加奈子(もり かなこ)です。

 

 

————————————
「健康格差」
————————————

豊かな日本でも、ご飯が食べられない子供や、

お腹いっぱいに食べていても栄養不足が言われています。

 

貧富の差もありますが、
知識の差も健康に影響してきます。

 

現代人の栄養摂取状況は(厚労相データ)
20代の女性の栄養が一番不足しているようです。

 

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、
といった5大栄養素の中でも特にビタミン、ミネラルの
摂取量が少ないのです。

これから、元気な赤ちゃんを産むためにはとても心配ですね。

 

女性は生理があるので、鉄分不足になりがちです。
特に鉄分が足りないと色々な症状が出てきます。

 

だるい、頭痛、冷え、肩こりむくみ、
生理不順などの症状は、病院にいっても
原因や病名がわからない場合があるかもしれません。

 

病院のクルージングをする前に、
栄養バランスを気にしながら、
まずは、鉄分の多い食事取り入れてください。

 

そして、健康に良い食品を摂り入れることも大事ですが、
過剰に取りすぎているものがあると
カラダに負担をかけてしまいます。

 

————————————
余計なものを取らない
————————————

まず、気をつけたいこと

 

  • 添加物や加工食品が多く含まれるお惣菜やお弁当
  • 砂糖や小麦の取りすぎ
  • 清涼飲料水の取りすぎ
  • 動物性食品の取りすぎ
  • 添加物の多い調味料
  • アルコールや喫煙
  • 石鹸やシャンプーに含まれる化学物質
  • 過剰なストレス

 

消化に負担がかかると、せっかくの栄養が吸収できずに、
栄養不足となってしまいます。

 

人は、有害な老廃物を、大腸、腎臓、肺、皮膚などの
排泄器官から絶えず、排せつさせることで、
健康を維持しています。

 

有害物質が、排せつされるよりも、
作られる方が多くなり、体内に溜まってくると
カラダは排せつを急ごうとうとするため、
大掃除をはじめます。

 

これが、頭痛や鼻水などから、病気へと進んでいきます。
体内環境の汚染は、食習慣やライフスタイルの結果、
血液が汚染されている状態です。

 

悪い積み重ねが重篤な病気になり得ますが、
良い積み重ねはカラダはきちんと
老廃物を排せつしてくれます。

 

そして、自分のカラダの自然治癒力の高まりとともに
正常に保ってくれるでしょう。

 

この機会に、毎日の食事内容、使用している調味料、
シャンプーや石鹸をチェックしてみてくださいね。

 

 

メルマガの登録はこちら